イメージテキスト

イメージ

イメージテキスト

女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定します。

1.計画期間
平成28年4月1日〜平成33年3月31日
2.当社の課題
女性が同じ職務にとどまり、昇進、昇格が進んでおらず、女性管理職がいません。
・一般職での募集・採用が多く、総合職に比べ昇進・昇格の基準に達するまでの期間が長くなっています。
・総合職女性の割合が男性と比較して低く、女性の管理職候補が少ない状況です。
・同世代の男性社員に比べ、女性社員の育成が遅れがちになっています。
3.定量的目標
女性管理職の輩出に向けて、女性社員全体における総合職の割合を75%以上にします。
4.取組内容
一般職から総合職への移行を促進します。
・平成28年4月〜 職分変更(一般職 ⇒ 総合職)基準の見直し検討を開始します。
女性の育成的人事異動を積極的に行います。
・平成31年4月〜 職分変更(一般職 ⇒ 総合職)基準の見直しを実施します。
・平成33年3月〜 一般職キャリアアップに向けた研修制度を創設します。
女性の総合職での募集・採用を拡充します。
・平成28年4月〜 女性総合職の少ない部門での採用を進めます。
【女性の活躍に関する情報】
採用した労働者に占める女性労働者の割合(平成27年度採用)
・正社員:20%
・副社員:80%